ビスポークシューズ,魅力,メリット
(画像=CUP23/Shutterstock.com)

「お洒落は足元から」という言葉があるように、お洒落な人には、靴へのこだわりを持つ人が多いのではないでしょうか。靴へのこだわりの行きつく場所のひとつがビスポークシューズ。手に入るまでに時間もお金もかかるビスポークシューズですが、既製品には代えがたい魅力があります。その魅力をお伝えします。

足は千差万別。靴への悩みは意外に多い

靴を選んでいる時に、「足に合わないな」「履きづらいな」と思ったことはないでしょうか。実際、靴に関して悩みをかかえている人は多く、「自分のサイズに合う靴がない」と悩んでいる人は、男性の約2割、女性だと約3割にも上ります。

実際、足の形というのは千差万別です。しかし、靴の形は、決まった形でしかありません。スニーカーであれば、多少の調節は可能かもしれませんが、革靴の場合、なかなかそうもいきません。長時間靴を履いていて、不快な気持ちのままでいると、仕事などにも影響を及ぼす可能性もあります。

ビスポークシューズ、普通の靴とどこが違う?

そういった人たちにおすすめしたいのが、ビスポークシューズです。オーダーメイドで一人一人の足の形に合うように作られた靴になります。

革靴は、さまざまな革のパーツを組み合わせることで成り立っています。そのパーツを切り出す時に、型となるのが、ラストと呼ばれる木の型になります。ビスポークシューズの場合、この木型を個人の足の形に合わせて作ってくれるのです。一般的には職人が足の各箇所を測って作られることが多いのですが、最近は3Dプリンタを用いて作られる木型もあるようです。

世界に1つだけの靴を手に入れる、ビスポークシューズの魅力

では、そんなビスポークシューズの魅力とは、どのようなものがあるのでしょうか。以下、まとめてみます。

自分の足の木型から作るから、足に負担がかからない

まず一番大きいのは、自分の足にあった形で靴を作ってくれる、ということでしょう。先ほども述べたように、靴に悩みを抱えている人は多いです。普段特に問題ないと思っている人でも、実は靴と足が合っていない可能性もあります。こういった悩みを解決してくれて、足への負担を軽減してくれることが大きな魅力と言ってよいでしょう。

靴のオーダーは、独自の木型を作ることとほぼ同義です。そのため、同じ工房、ショップであれば、一度オーダーすると、そのあとも自分の足に合った靴を買うことができるのもメリットになります。

自分だけの一足を作ることができる

もう1つは、自分だけの1足を作ることができるという点です。靴というのは、実に多くの部品を使ってできています。極端な話を言えば、フルオーダーであれば、その部品ごとに革の種類を変えるのも可能なのです。そうして出来上がった1足は、間違いなく世界に1つだけの靴です。他人と足元で差をつけたい、という人にもおすすめです。

一方、メリットだけではありません。注意点は以下の通りです。

価格が高い

ビスポークシューズには、木型を作るための費用も含まれています。同じ木型で1,000足、1万足と作れれば、木型の制作費はほぼないに等しいですが、1足、2足だけの場合、どうしても木型分の費用が靴に乗ってきます。ビスポークシューズの相場は、安いところでも10万円からというところがほとんどです。嗜好品と呼ばれる所以でしょう。

手に入れるまでに時間がかかる

もう1つは、納品までにかかる時間です。木型を1から作るので、通常の靴とは異なり、納品までに長い時間がかかります。セミオーダーであっても1~2か月、フルオーダーであれば半年程度かかることも珍しくありません。出来上がりを待つのも楽しみではありますが、すぐに欲しいという人には向いていません。

この春は、ビスポークシューズで自分らしい足元を

ビスポークシューズは時間とお金はかかるものの、自分らしい一足、足元に負担のかからない一足を作ることができます。他人とお洒落で差をつけたいなら、一度検討してみてはいかがでしょうか。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
永遠の名品!トッズのゴンミーニで春を始めて
高級靴の聖地!イタリアで至極の一足をオーダーメイドする旅
今ラグジュアリーなスニーカーは靴下タイプ!?
エグゼクティブの足元を彩る老舗ドレスシューズ3選
ラグジュアリーに求められるエシカル。究極はアディダス・スニーカーだった?
スーツに合う投資効果抜群なラグジュアリースニーカー5選