「NOBUKO ISHIKAWA(ノブコイシカワ )」のジュエリーは、創業デザイナーの石川暢子氏が残した膨大なデザイン画をもとに4つのコレクションによって構成されています。さらに、世界の国や都市をテーマにした、その年限定ジュエリーも多くのファンを虜に……。
特集の第3回目は、NOBUKO ISHIKAWAの創造の世界を感じ取れるコレクションをご紹介します。

「NOBUKO ISHIKAWA」構成される4つのコレクション
(画像=「NOBUKO ISHIKAWA」構成される4つのコレクション)

日常から華やかな舞台まで
日本女性を輝かせる魅惑の4コレクション

NOBUKO ISHIKAWAのジュエリーは、ユーザーが求めているものを追究しています。これは50年の歴史において変わらず大切にしてきたスタンスです。
そうした視点から生まれた4つのコレクションが、

  • <ブルミエ アート コレクション>
  • <ハイジュエリー>
  • <ブティック ジュエリー>
  • <アズタイム>

    になります。

現在コレクションのデザインは、石川暢子の妹であり社長の石川佳柄が中心となって、2人のデザイナーと企画会議で話し合いのうえ決めています。 いずれのコレクションも自社工房で制作しており、高い技術を持つクラフトマンがジュエリーに生命と感性を宿らせています。
一目でNOBUKO ISHIKAWAのジュエリーだと分かるデザインや創りは、コレクションを守り続けるプロフェッショナルの存在無くしては実現できません。

では具体的にどのようなコレクションなのか、その内容をご紹介しましょう。

【1】ブランドの原点となる壮大な世界を表現した
<プルミエ アート コレクション:PREMIER ART COLLECTION>

石川暢子の感性と世界観を表現したNOBUKO ISHIKAWAの原点で、ファーストラインにあたる「ジュエリーの枠を超えたアート」と呼ぶにふさわしいコレクションです。
西欧の神話からさまざまな文化、日本の古典などに着想を得て、石川暢子ならではの発想で時空を超えた世界を表現。古今東西の超絶技巧を駆使して丹念に仕上げられています。