華やぎと繊細さをあわせ持ち、唯一無二の存在感を放つジュエリーブランド「NOBUKO ISHIKAWA(ノブコイシカワ)」。創業デザイナーの石川暢子氏の類いまれなデザインセンス、そして独特かつ精巧な技法は、いまなお工房に脈々と受け継がれています。

特集の第2回目は、ブランドの代表を務める石川佳柄氏、工房のマネージャー・住本 力氏にご登場いただき、石川暢子氏が追求したこだわりやプロフェッショナルとしての姿勢、そしてブランドを担う次世代のクラフトマンたちへと残したものについて語っていただきます。

妥協なきものづくり精神と原点となるデザイン画の美しさ――石川佳柄氏

「NOBUKO ISHIKAWA」代表取締役社長 石川佳柄氏
(画像=「NOBUKO ISHIKAWA」代表取締役社長 石川佳柄氏)

姉の石川暢子が工房を立ち上げたのは、彼女が26歳の頃です。いまから50年前のことになります。世界を見渡せば、ガレやドーム兄弟といったアーティストの工房はありました。しかし、日本においてジュエリーという分野が確立されていない中において、工房の存在はとても珍しいものでした。最初はものづくりが好きな仲間が1人、2人と集まり少人数からはじめましたが、現在は23人まで増えました。

姉は、デザイナーとしてだけではなく、職人としても妥協が一切ない人でした。彫金に欠かせない「ロウ付け」という技法も、何千個と手がけて初めて覚える技だと話していたほど。とにかく、完璧主義で努力を惜しみませんでした。クオリティの高さを追求する姿勢は、ひとえに「いい加減なものはお客様に失礼である」という信念に基づいていたように感じます。

もちろん手仕事ですので、どんなに技術を磨いても理想を100%実現させたパーフェクトなジュエリーにはなり得ません。しかし、より完璧に近く、かつお客様にどう納得してもらえるのかを常に念頭に置いていたと思います。

また、NOBUKO ISHIKAWA の真骨頂はデザイン画にあると言っても過言ではありません。生前、膨大な量のデザイン画を残していますが、すべて実物大かつフリーハンドで描いているところも特徴的です。デザイン画からは、日本の女性に合うジュエリーを模索する様子をうかがい知ることができます。時代を辿っていくと、普遍的なものの中に、新しさを生み出していこうとする姿勢を感じます。

デザイン画と比較しながら製作中のジュエリー
(画像=デザイン画と比較しながら製作中のジュエリー)

おそらく最初からジュエリーだけを学んでいたら、こうしたデザイン画を描こうという発想にはならなかっただろうと思います。観察力や繊細さといった芸術家としての感性が根底にあったからこそ、NOBUKO ISHIKAWA にしかないオンリーワンと呼べるジュエリーの世界を創造することができたのでしょう。