iDeCo,節税
(画像=Paper Cat/Shutterstock.com)

「もう一つの年金」といわれるiDeCo(イデコ)が高年収世帯を中心に話題となっており、節税効果に注目が集まっています。例えば年収1,500万円の人は約12万円の節税が期待できるといわれているのです。ここではiDeCo(イデコ)の基礎知識を学びながら「なぜiDeCo(イデコ)で節税ができるのか」について考えていきましょう。

そもそもiDeCo(イデコ)とは?