将来,備え
(画像=Look Studio/Shutterstock.com)

外資IT企業に勤めていて今は年収が高いけど将来的には減給リスクの可能性も……と不安を抱いている人は思った以上に多いかもしれません。こうした人が将来に備えてできることとしては「資産運用」などが挙げられます。

将来に備え資産運用などを検討する人たち

多くの企業で年功序列や終身雇用といった旧来の制度が崩れかかっています。実力主義の外資系となれば、なおさら将来が見通せないケースが多く将来に備え資産運用などを検討されている人も多いのではないでしょうか。資産運用と一口にいっても千差万別で株式投資やFX(外国為替証拠金取引)など積極的に取り組む人もいます。

しかしリスクを考えると「できれば安全かつ手間暇かけることなく運用できればしたい」というのが本音でしょう。そこで今回は、最もメジャーなNISAとiDeCo(イデコ)、そして不動産投資を中心に解説していきます。