ファツィオリ
(画像=lev radin/Shutterstock.com)

スタインウェイ&サンズをはじめ老舗がひしめくピアノ業界で現在、多くの音楽家の支持を集め、注目されている新興ピアノメーカーがあります。1981年創業の「ファツィオリ(Fazioli)」です。3大ブランドに比べ歴史が浅いファツィオリですが、音色は超一流。今回は、その魅力に触れていきましょう。

老舗がひしめくピアノ業界

ピアノ業界では、スタインウェイ&サンズ(アメリカ)、ベーゼンドルファー(オーストリア)、ベヒシュタイン(ドイツ)が世界3大ピアノブランドと呼ばれています。いずれも19世紀に創業された長い伝統と実績を誇る老舗です。

1828年創業のベーゼンドルファーや1853年創業のスタインウェイ&サンズとベヒシュタインといった老舗は、長きにわたって改良を重ねた結果、名だたるピアノコンクールの公式ピアノに採用され、確固たる地位を築いていきました。

ファツィオリの誕生

ファツィオリ
(画像=Rugged Studio/Shutterstock.com)

ファツィオリの創業者であるパオロ・ファツィオリ氏は家具工場の家に生まれました。幼少のころから高い音楽の才能を示し、特にピアノに強い興味を示していたといいます。

家業を継ぐためローマ大学で工学学士の学位を取得後、ロッシーニ音楽院でピアニストとしての学位も取得しますが、卒業後は家業へ。設計・製造技術に自信をつけ、グランドピアノを作るプロジェクトに乗り出します。

研究の結果、最先端の音響と素材の研究から考案したさまざまな設計の改良を加えることで最高の楽器が作れると確信し、工場の一角にピアノ製造施設を設置しました。そして1981年にファツィオリ社を立ち上げ、音響学や木材加工の専門家らとともに実際の製造に乗り出しました。

ファツィオリのグランドピアノのラインアップは6種で、最も小型ながら力強くクリアな音質を誇る「F156」、低音域と高音域の絶妙なバランスでどのピアノ曲にもしっくりくる「F183」、演奏活動や指導活動などに理想的なサイズの「F212」、中規模のコンサートホールに適した深く力強い低音域を持つ「F228」、格別な低音域と高音域のバランスを誇り大規模なコンサートホールやレコーディング・スタジオなど万能にカバーする「F278」、大規模なコンサートホールのために設計された最大級の「F308」があります。