リオ,カーニバル
(画像=CP DC Press/Shutterstock.com)

「リオのカーニバル」は毎年イースター(復活祭)の40日前まで4日間にわたって街中で熱狂的な歌と踊りが繰り広げられます。セクシーな女性たちが踊るサンバパレードは、スタジアムの客席で観客として楽しむことも可能です。一方で街頭で無秩序に開催されているパレードに飛び込めば、そこではだれでも自由に踊ることができます。

リオデジャネイロには憧れのコパカバーナビーチをはじめ、さまざまな観光名所もあることも魅力の一つです。2月の寒い日本を飛び出し、南半球でバケーションを楽しむにはうってつけの旅の企画といえるでしょう。

サンバのリズムで情熱的なダンスを堪能、リオのカーニバル

南米ブラジルのリオデジャネイロで行われるカーニバル(謝肉祭)は、リオのカーニバルとして世界的にも有名です。カーニバル自体は四旬節に入る前に行われるお祭りとして、ブラジル以外のカトリックの国々でも行われています。しかしリオデジャネイロで行われるカーニバルは、サンバのリズムに合わせて人々が熱狂的かつ情熱的に踊るので、他の国のカーニバルよりも知名度が高いのです。

メインは「サンボドロモ」と呼ばれるスタジアムでのコンテストです。2019年度は4日間にわたって14チームがパレードをしながらパフォーマンスを披露しました。カラフルでゴージャスな衣装をまとった何千人ものダンサーが、巨大な山車とともに激しいドラムのリズムに合わせて踊る様は圧巻の一言です。

前方の観客席に陣取ることができればダンサーたちの迫力のパレードを目の前で楽しむことができるでしょう。

4キロメートルにわたる白い砂浜、コパカバーナビーチ

サンバのリズムで踊り疲れたら、白い砂浜と青い海が素晴らしいコパカバーナのビーチで太陽の日差しを浴びてのんびりするのはいかがでしょうか。南半球に位置するブラジルは日本では寒さの厳しい2月前後が夏に当たるので、約4キロメートルにわたる白いコパカバーナの海岸線で海水浴も楽しむこともできます。

2013年にローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が同地を訪れた際には、信者ら300万人が集まってビーチを埋め尽くしたということもありました。