AI,モネ,睡蓮
(画像=Everett - Art/Shutterstock.com)

画像認識やマッチングなど今や人工知能(AI)はさまざまな場所で活用されています。それはアートの世界でも同様です。しかし、アート界で「AI」といってもイメージしにくい人もいるかもしれません。アート界で注目を浴びているAI技術について解説していきます。

アートとAIが融合した美術展も開催

東京・六本木の森美術館で「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」が2019年11月19日~2020年3月29日まで開催されています。AIとアートという相反するように見える2つを結びつけた美術展です。100点を超えるプロジェクトや作品は、AIやバイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)といったテクノロジーとその影響を受けて生まれたものです。

この美術展では、AIがアートにもたらす影響をつぶさに見ることができます。特筆すべきは出展アーティストです。著名なアーティストと共に「Archiphiliaプロジェクト・チーム(竹中工務店)」「エンタテインメントロボット aibo」など企業名や商品名が並びます。美術展の概念を打ち破るこの展示会は、タイトルもIBMが開発したAI「IBM Watson」とのコラボレーションにより命名したものです。

AIによるアート作品は、海外でも人気を集めています。2019年6月にはニューヨークのクリスティーズで「アート+テックサミット」が開催されアートにおけるAI活用の方法を紹介し人気を集めました。実際にAIを使ったアート作品も登場しています。2018年10月にはニューヨークのクリスティーズにおいてAIで描かれた絵画が約4,900万円で落札されたというから驚きです。

作者はフランスのアートグループObviousで「Generative Adversarial Network」アルゴリズムを使って描いたとしています。