スイスサンモリッツ
(画像=marlys grisson/Shutterstock.com)

スイスのサンモリッツはアルプスの南側に位置し、世界中からスキー客などが訪れる有数の高級アルペンリゾートです。美しい森と湖、名峰に囲まれ、晴天が続く爽やかな気候の中で優雅な休日を過ごすことができます。そんなサンモリッツの冬のラグジュアリーな楽しみ方を紹介します。

高級感漂う目抜き通りで街歩き

サンモリッツは高級ホテルやレストラン、ショップなどが並ぶドルフ地区と、古くから鉱泉が湧き出る保養地として知られるバート地区に分かれています。それぞれ異なる魅力を備え、滞在客は贅沢な時間を楽しめます。

ドルフは、スイスを代表する高級リゾートとされる由縁となっているエリアです。セレブ感漂う目抜き通りではショッピングや食事を楽しむことができます。オードリー・ヘプバーンが通ったという老舗洋菓子店「ハンゼルマン」のカフェも有名です。

バートには、保養客に人気の医学療法スパ「ハイルバート」や、自然に囲まれたスパ&スポーツセンター「オヴァヴェルヴァ」があり、高級ホテルも並びます。

最高級車両で絶景を味わう

サンモリッツは、マッターホルンの麓ツェルマットと結ぶパノラマ鉄道「氷河特急」、世界遺産に登録されている「ベルニナ急行」という2大列車の発着点です。

氷河特急の「エクセレンスクラス」を利用すれば、1等より豪華な車両、全席窓側のゆったりとしたシートで約8時間、アルプスの絶景ルートを堪能できます。専任コンシェルジュが同乗し、地域の食材を使ったコースランチやワインが提供されるほか、専用のバーカウンターも利用できます。

湖上で一流グルメの祭典

サンモリッツは、ミシュラン星付きのレストランなどグルメを堪能できる街でもあります。それを象徴するのが、1994年から毎年冬に開催されている食の祭典「グルメフェスティバル」です。毎回異なるテーマで世界から一流シェフが招待され、サンモリッツが誇る高級ホテルのシェフとコラボした特別メニューが提供されます。

名物は、サンモリッツ湖氷上のVIP特設テントで行われる試食会です。期間中はレストランやホテルでもさまざまなフードフェアが催され、世界の美食家とともに一流グルメを味わえます。

伝統の雪上競馬観戦

サンモリッツは過去2回の冬季五輪をはじめ、アルペンスキーやボブスレーの国際大会が数多く開催されてきたウィンタースポーツの聖地です。

そんなサンモリッツで特に高級感の漂うスポーツイベントとして知られているのが、100年以上の歴史を誇る雪上競馬大会「ホワイトターフ」です。欧州各地で活躍する競走馬やジョッキーが、厚い氷と雪に覆われたサンモリッツ湖の難コースを駆け抜けます。毎年世界中から約3万人の観客が集い、レース観戦を楽しみます。

5つ星ホテルで極上ステイ

バドラッツパレスホテル

1896年の創業以来、数々の著名人に愛されてきました。オードリー・ヘプバーンやチャールズ・チャップリン、映画界の巨匠ヒッチコック監督、世界的指揮者カラヤンなどが宿泊したとされています。客室では絶景を一望でき、バトラーサービスが提供されます。格調高い「ル グランド ホール」、セレブ御用達のナイトクラブ、極上のリラックス空間を提供するスパ「パレス ウェルネス」を備え、サンモリッツのランドマークとしても有名です。

カールトンホテルサンモリッツ

1913年に創業、リニューアルを経て、伝統と格式を守りながらモダンな雰囲気を兼ね備えています。12月より季節営業のオールスイートのホテルです。宮殿のような装飾はロシア皇帝からヒントを得たとされています。豪華な客室や1,200平方メートルの広さを誇るスパから絶景が望め、ミシュラン3つ星レストラン「ダ・ヴィットリオ」などのグルメも充実しているほか、ベントレーによるリムジンサービスを提供しています。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いよいよやってくるリオのカーニバルを楽しみ尽くす方法
2026年ついに完成 サグラダ・ファミリア完成までの見どころ
ライオン・キングのようなサファリの高級リゾートで過ごすぜいたく
一度と言わず何度でも味わいたい。極上・豪華客船の旅
千と千尋の神隠しを想う 台湾グルメ旅の計画を立てる
世界が注目ロックフェラー・センターのクリスマスツリー点灯へ