教育,ランキング,記事
(画像=Olena Yakobchuk/Shutterstock.com)

ご自身の子供の未来をもっと輝かしいものにさせてあげたい、もっと可能性のある選択肢を提示してあげたい、そう思うのが親心かもしれません。特に富裕層や高収入ファミリーは教育について、どのように考えているのでしょうか。今回は、子供の教育に力を入れているであろう高収入、富裕層ファミリーの「教育」における考え方について、大丸・松坂屋による暮らしを豊かにするためのライフスタイルメディアJPRIMEから、人気記事ランキングをお届けします。

早速、厳選した記事を8位から順にご紹介いたします。

「教育」の人気記事ランキング

第8位:米富裕層の教育費は2億円!何に使っているのか?

第7位:最高の教育を目指す 今、世界の富裕層に選ばれている教育メソッドは?

第6位:名門中高一貫校の学費は6年間でいくら掛かるのか?投資効率は?

第5位:我が子を医者に、最終手段は京都留学?噂の医学部専門予備校

第4位:東大一直線!名門校生しか入れない最強の塾・鉄緑会を知っていますか?

第3位:子どもを東大に行かせるにはピアノが必須?

第2位:慶應、聖心…教育・人脈は小学校から。華麗なる私立小学校の世界

第1位:富裕層が子どもに教える「成功者に育てるための6つのルール」

第3位 子どもを東大に行かせるにはピアノが必須?

実は、学習塾より、音楽を習わせた方が学習に良いという意見があるそうです。東大生に「子供の頃どんな習い事をしていたか?」という東大新聞が2015年に行ったアンケートによると、約6割の学生がピアノもしくは音楽を習っていたそうです。音楽と学習についての関連性の実態に迫ります。

第2位 慶應、聖心…教育・人脈は小学校から。華麗なる私立小学校の世界

経済的負担から見ても、小学校全体に占める私立に通っている子供の割合は、学校数・生徒数とも1%程度なんだそう。特に、私立小学校の中でも慶應・聖心・学習院といったエスカレーター式の超名門学校は、その中でもヒエラルキーのトップに君臨し続けていると言われています。華やかな私立小学校の実態は一体どのような世界なのでしょうか。

第1位 富裕層が子どもに教える「成功者に育てるための6つのルール」

富裕層といえば、やはり成功者のイメージがあると思います。しかし、そんな富裕層の家庭に生まれたからといって必ずしも成功するかといったらまた別の話。そのため、富裕層は自身の子どもに幼い頃から「長期的にポジティブな影響を生み出す毎日の習慣」を教育として実施しているそう。一体その中身とはどんなものかご紹介します。

富裕層の教育メソッドを明日から実施してみよう

富裕層や高収入の家庭の教育メソッドは、有益な情報ばかり。裕福になることや成功することが必ずしも幸せになる近道になるかといったら、そうではないかもしれません。しかし、子どものために教育法の選択肢はできるだけ多く与えてあげたいのが親心ではないでしょうか。子どもにとって最も良い方法を模索し、早速真似できるものなどは参考にして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
まるで自由に移動できる別荘 ロールス・ロイス究極のビスポーク
結局どこが一番便利?家事代行サービス比較
今更だけどやっぱり身に付けたい!英語・語学留学のススメ
「飲みにケーション」で心の距離を縮める極意 お酒の心理学
ラグジュアリーに求められるエシカル。究極はアディダス・スニーカーだった?