富裕層,イッセイミヤケ
(画像=Casimiro PT/Shutterstock.com)

故スティーブ・ジョブスが愛したイッセイミヤケのブラックタートルニット。氏の現存する写真を見ると、このタートルニットを着用しているものが多くみられます。スティーブ・ジョブスのトレードマークとも言えるアイテムです。

このニットのブランドであるイッセイミヤケはスティーブ・ジョブズならず世界の成功者、そして富裕層から支持されています。その理由は究極のシンプルさにあると言えるでしょう。ジョブスとの逸話や、成功者を惹きつけてやまないイッセイミヤケの魅力に迫ります。

ジョブスとイッセイミヤケとの出会い

米アップル社を創業したスティーブ・ジョブスが2011年10月に亡くなった数週間後、アメリカの作家でジャーナリストのウォルター・アイザックソン氏が、ジョブスへのインタビューを基にした伝記本『Steve Jobs』(Little, Brown Book Group)を出版しています。

この書籍の中で、ジョブスが普段から着用していた黒のタートルネックが、日本人デザイナーである三宅一生氏の人気ブランド「イッセイミヤケ」のものだったことが紹介されています。

ジョブスは、日本でソニーを訪れた際、イッセイミヤケのジャケットを従業員が着用しているのを目にし、フルオーダーメイドで製作された同ブランドのタートルネックを愛用するようになりました。当時はAppleのユニフォームにするという構想もあったとされています。

そしてこの黒のタートルネックはジョブスのトレードマークとなり、人々の記憶に深く刻まれました。イッセイミヤケの名がより世界で広まるきっかけにもなったと言えるでしょう。