丈夫,腕時計,ブランド
(画像=Bojanche Stojchevski/Shutterstock.com)

アウトドアが好きな人にとって、どんな過酷な状況下でも正確な時間を示してくれる腕時計は大切な相棒です。今回は、アウトドア好きな富裕層に愛される高級メーカーと、おすすめの腕時計をご紹介します。

深海の水圧でも大丈夫!ダイビングに

ダイビングが趣味の人におすすめしたい、ダイバーズウォッチのメーカーがこちらの2つです。

ロジェデュブイ イージーダイバー

1995年創立のまだ若いブランドですが、時計製造に対する技術と前衛的なデザインですぐに人気のブランドとなりました。大胆な発想で唯一無二のデザインを生み出し、希少性の高い腕時計を作り続けています。ロジェデュブイのイージーダイバーは、現在生産を終了してしまっていますが、発売当時に人気を博したモデル。カジュアルながらロジュデュブイのラグジュアリーさを失わない上品な雰囲気を携えています。品質、デザイン、使用感どれをとっても納得できる一本でしょう。スポーティーな外観と、技術性の高さ故に、いまだに人気が衰えないコレクションです。

ユリスナルダン マリーンダイバー

1846年の創業で、2014年にはあのケリングの傘下となったユリスナルダンは、富裕層御用達の腕時計ブランドでもあります。ダイバーには嬉しい、機能が搭載され、高い防水性が完備。デザインも遊び心が溢れているこちらは、プライベート用のダイバーズウォッチとして活躍すること間違いなし。マリーンダイバーは、デザインも豊富なため、お気に入りの一本が必ず見つかることでしょう。

登山にはカジュアルな腕時計

登山好きにはさらにカジュアルなタイプをおすすめします。

ガーミン

アウトドア愛好家で知らぬ人はいないであろう、ガーミンの腕時計は、厳しい山を登りきるのに心強いパートナーとなってくれます。ハイエンドモデルfēnix 6X Pro Dual Powerは、13万円と手ごろな価格ながら太陽電池式でGPSが付き、各種トレーニング機能まで有しています。スポーツアプリで、トレイルランニング、水泳、バイク、スキーなど、さまざまなアクティビティで活躍してくれます。

いつかは行きたい宇宙旅行の相棒に

近年、大手企業の経営者などがこぞって注目している宇宙旅行。宇宙空間でも問題なく使用できる腕時計はあるのでしょうか?特殊な環境下でも問題なく使用できる高級メーカーをご紹介します。

オメガ

宇宙に持っていける腕時計といえば、オメガのスピードマスターが有名です。半世紀以上に渡って、宇宙飛行士や宇宙機関に選ばれ続けてきました。人類初の月面着陸の際に着用された時計として、「ムーンウォッチ」とも呼ばれています。ビジネスシーンでも違和感なく使用できるオメガを、普段使いにしている人も多いでしょう。カジュアルスタイルにもマッチするストラップを選べば、プライベートでもおしゃれに使用できますし、もちろん宇宙旅行に行かない方でも腕時計のコレクションの一つとしておすすめです。

フォルティス

1912年創業のスイスのブランドフォルティスは、世界でも初期の防水腕時計を開発するなど機能性の高い腕時計を作り続けています。宇宙飛行士のオフィシャルウォッチに認定されたコスモノート クロノグラフは、フォルティスの機能性の高さを証明する一本です。シンプルなものからクラシカルなものまで、さまざまなデザインのコスモノーティスがあります。中でもオフィシャル・コスモノート アマディ18は、年代に関係なく使用できるでしょう。

ジン

1961年、ドイツ軍パイロットで飛行教官だったヘルムート・ジンが自分の名をブランドにしてパイロット用の時計を作ったのが、このブランドの始まりです。以来、多くのパイロットに愛されてきました。スペース・クロノグラフ140は、1985年に宇宙飛行士がミッションの際に装着していたことで話題になった製品です。その140の新作、140.STはシンプルながら気品漂うデザインと、文字盤の裏に施されたスペースシャトルのイラストが大人の遊び心をくすぐります。

プライベートにもビジネスにも使える高耐久腕時計!

耐久性もデザイン性も高い腕時計を作るブランドは数多くあります。どのようなシーンでも使えるオールマイティなオメガやユリスナルダン、カジュアルライクに決めたい時に使えるガーミン、若い年代にもおすすめのフォルティスなど、自分へのご褒美や、一生モノとして選んでみてはいかがでしょうか。価値のある腕時計は実物投資としてもおすすめです。

文・J PRIME編集部

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?

【関連記事】
まるで自由に移動できる別荘 ロールス・ロイス究極のビスポーク
結局どこが一番便利?家事代行サービス比較
今更だけどやっぱり身に付けたい!英語・語学留学のススメ
「飲みにケーション」で心の距離を縮める極意 お酒の心理学
ラグジュアリーに求められるエシカル。究極はアディダス・スニーカーだった?